ぱらでぃんの趣味ぶろぐ

雑記ブログ。趣味のゴルフやフットサル、投資、資格試験勉強法、好きなこと、日記など。

【ドラゴンボール】今更すぎる戦闘力考察②-ベジータ・ナッパ編

こんにちは、ぱらでぃんです。

 

今更すぎるドラゴンボール戦闘力考察ネタ、前回の続きでサイヤ人編です。

 

 

 

ベジータ、ナッパ来襲編

 

ベジータ、ナッパ編ですが、その前に前回触れてなかったので、ラディッツ編のクリリンたちの戦闘力に軽く触れておきます。

 

ラディッツ戦後にブルマが計測した数値は

 

亀仙人 139

クリリン 206

天津飯 250

ヤムチャ 177

 

とまあ、こんな感じですが悟空、ピッコロとの差を考えると無難なところでしょうか。

1年後に急激に成長する事となりますが。

 

そして、神様の修行を経て1年後です。

 

ピッコロ 1220→3500(魔貫光殺砲?)

悟飯 981→2800(魔閃光)

クリリン 1083→1770

ヤムチャ 1480

天津飯 1830

餃子 610

 

 

サイバイマン 1200

 

 

ピッコロ、悟飯、クリリンの初期値はナッパによる計測でどれが誰かは不明ですが、おそらくこんな感じでしょう。

その他のZ戦士は大全集(読んだことは無いですが)の数値をそのまま採用。

サイバイマンの1200はナッパの申告なので間違い無いかと。

 

 

悟空が12歳から24歳までで416、かめはめ波時でも924までしか上げられなかった戦闘力を、クリリンはたった1年足らずで1770!

 

既にツッコミどころ満載ですが、この後の整合性を考えていくと仕方ありません。

また、1200のサイバイマンを圧倒している事もありますので、数値的には妥当ですかね。

 

 

悟空 5000→8000以上

ナッパ 6500~7000

 

 

 

f:id:atfx:20190215114501j:plain

出典:ドラゴンボール

 

 

 

前回のラディッツ以上に意見が分かれているのが、このナッパです。

カカロットの戦闘力が5000と聞いた時の反応、ビビり具合からそれ以下の4000とする説。

大全集もこちらの4000のようです。

反対説として、8000以上の悟空との戦いぶりから4000はありえない、その場合5000~7800までいろいろな説があります。 

 

私はまず、4000説は無いかなと思っています。

悟空との比較もそうですが、その前のピッコロが本当に3500だとすると近すぎます。

どうみてもピッコロはナッパに全く歯が立たなかったので、500しか差が無いとは思えません。 

 

悟空8000 > ナッパ > ピッコロ3500

 

こう考えると、ナッパはどう考えてもピッコロ寄りでは無く悟空寄りです。 

だいたい6500から7000くらいが妥当な数値な気がします。

  

そもそもピッコロの3500が高すぎます。

仮にこの3500がラディッツ戦のような魔貫光殺砲時のもので、基本戦闘力は1220からせいぜい2000くらいと言うのであれば、ナッパは4000~5000でもバランスは悪くないかと。

 

 

ベジータ 18000

 

これは異論無いですね。

後にドドリアさんも言ってますし、悟空の界王拳との整合性も取れていると思います。

悟空は2倍界王拳でベジータに及ばず、3倍で超えてますので8000~9000の間です。

2倍使用時でけっこう差がありそうなので、8000をちょっと上回っている程度だと思います。

 

この辺も問題無いですかね。

 

ただ、ギャリック砲と3、4倍界王拳かめはめ波との打ち合いに関してはちょっと議論されていますね。

 

これは特に気にしません、いいと思います。

撃った時点での両者のダメージや消耗、悟空には3倍界王拳による相当のダメージもあり一概に計算出来ないのでスルーします。

あの時点で3倍で互角、4倍で勝ったという事なんでしょう。

 

後は、大猿ですかね・・・

戦闘力が通常時の10倍になるという事ですが、これは明らかにやっちゃった感ありますね。

ベジータで18万になってしまうので、ギニュー隊長を超えてしまってます。

変身に条件はあるものの、フリーザ以外は無双できる事になってしまいます。

もし10倍が本当だとしたら、ザーボン、ドドリアあたりは気が気じゃないと思います。

 

2倍からせいぜい5倍くらいまでに設定するべきだったかなと思います。

それでもベジータに変身されたら、ほとんどのフリーザ軍幹部はやられますけどね。

 

とりあえず、サイヤ人編は終了です。

次回から更に難しくなってくると思いますが頑張って行きたいと思います。

 

 

 

ラディッツ編はこちら

 

www.atfx-paladin.net